マールかいてマルオ

オタク界から第一線を退いた20代後半薬剤師。日々思ったことを書いていきます

オリックス吉田正尚復活!

こんにちは、マルオです。

 

今回は7/9に今シーズン初めて1軍に復帰したオリックス・バファローズ吉田正尚(よしだ まさたか)選手について書きたいと思います。

 

7/9の復帰戦では満塁のチャンスに登場し早速先制2点タイムリーヒットを放ち、7/10には初回に豪快な先制ツーランホームランを放つなど、すでに暴れまくっていますね。

 

f:id:marukaitemaruo:20170711103448j:plain

 

吉田正尚選手って誰?

 

という方のために簡単に紹介しておきたいと思います。

 

吉田正尚選手は2015年に青山学院大学からオリックスドラフト1位で入団した外野手です。背番号は34

 

高校は福井県の甲子園常連校である敦賀気比(つるがけひ)高校出身で、吉田正尚選手自身も甲子園に4番打者として出場しています。

 

青山学院大学へ進学後も4番打者として活躍し、さらには大学日本代表の4番打者としても大活躍。

 

世界大会前のプロ野球選抜チームとの試合でホームランをかっとばし、世界大会でも4番打者として日本代表の優勝に貢献するなど、知名度を上げました。

 

そんな大学最強スラッガークラスの吉田正尚選手でしたが、ドラフト会議で指名したのは唯一オリックス・バファローズのみでした。

 

f:id:marukaitemaruo:20170711103714j:plain

 

2016年

プロ野球に入ってから、開幕から6試合連続安打(プロ野球新人タイ記録)を放つなどさっそく活躍を見せていました。

 

しかし腰のケガを発症し、4/24から1軍登録を抹消されてしまいました。

 

その後復帰は8/12まで遅れ、丸々3か月以上も戦列を離れている間に当時のオリックス・バファローズペナントレースから完全に脱落してしまっていました。

 

しかし、そんなオリックス・バファローズの唯一の希望として吉田正尚選手は大活躍しました。

 

復帰してからたった1か月半ほどで10本のホームランを放ち、オリックス・バファローズの新人選手としては31年ぶりに2桁ホームランを達成しました。

 

 

またシーズン終了後も台湾で開かれたアジア・ウインターリーグで、打撃部門5冠王の異次元の活躍を見せ最優秀打者に選ばれました。

 

2017年

 

昨年後半の大活躍から大いに期待された2017年でしたが、開幕直前にまたも腰のケガを発症してしまいました。

 

2軍の試合にすらなかなか出場できず、もはや「幻の選手」「妖精」とまで言われていました。

 

試合に全く出ることができずにいた吉田正尚選手でしたが、7/9ついにオリックス・バファローズの1軍に帰ってきました。

 

 

吉田正尚選手の特徴「フルスイング」「ホームラン」

 

選手としての特徴は、身長173センチというプロ野球選手の中では小柄な体格からは想像もできないほどの豪快なフルスイングです。

 

このフルスイングは間違いなく一度見れば目に焼き付くほどで、またその打球はピンポン玉のようにスタンドに消え去るというまさに怪物と言って良い打者でしょう。

 

何かひとつ

 

吉田正尚選手の登場局でお馴染みの曲が、若旦那『何かひとつ』です。

 

吉田正尚選手自身も、「『何かひとつでも夢中になれる物を、何かひとつ胸に持ってみろよ』ってサビなのですが、僕は趣味とかない分、夢中になれる物をひとつ、見つけようと思いましたね。それが野球だったらいいなって。」と語っています。

 

やはりプロ野球選手をして活躍していくためには何かひとつ「武器」がないとやっていけないのかもしれません。

 

吉田正尚選手の場合は、武器である「フルスイング」を極めることでプロに足を踏み入れることができたんですね。

 

p> 

豪快なフルスイングの代償

 

吉田正尚選手の豪快なフルスイングは魅力的ですが、その代償として体に大きな負担がかかっていると考えられます。

 

小さな体格でボールをより遠くへ飛ばすために物凄いスピードでバットを振りぬいているため、特に腰への負担はかなり大きいと言われています。

 

そのためケガに悩まされる期間はかなり多くなっています。

 

腰への負担を軽減するためにスイングを小さくしたほうが良いのではないかと言われることもあり、吉田正尚選手自身もそのことでかなり悩んでいたようです。

 

自身も「他人と確かに違うスイングといえば特徴のあるスイングかもしれないけど、それでずっとやってきたっていうのもあるし、昔から数は振ってたし。(疲労の蓄積とか)考えることはいっぱいで、本当にネガティブになるというか…」とリハビリ中はかなり落ち込んでいたようです。

 

しかし、「強く振るということは変えられないと思うし、変えたらもう魅力もなくなる。長打、強い打球を打っていく。ピッチャーに恐怖心を与えれれるように成長したい」「フルスイングこそ自分の最大の魅力」だと語っており、こだわりを貫いています。

 

フルスイングはもはや吉田正尚選手の代名詞になっています。

 

背番号34に込められた思い

 

吉田正尚選手には目標としている選手がいます。

 

それは現役メジャーリーガーの強打者ブライス・ハーパー選手です。

 

背番号34はハーパー選手がメジャーでつけている背番号でもあるのです。

 

f:id:marukaitemaruo:20170711112822j:plain

 

アメイジング吉田

 

なんだか芸名みたいな感じになっていますが(笑)

 

今年吉田正尚選手が1軍に復帰してから2試合連続でヒーローインタビューを受けていますが、そのときの第一声「amazing」が話題になっています。

 

これからもヒーローインタビューではアメイジングで流行らせて欲しいですね。

 

オリックス・バファローズファンから見た吉田正尚選手の存在

「新世代の和製大砲」

 

吉田正尚選手はプロ野球選手の中でも数少ない、人を惹きつける魅力のある選手です。

 

将来のスター選手と言っても過言ではありません。

 

試合に出ているだけで楽しませてくれる、何かやってくれるんじゃないかと思わせてくれる、そんな選手です。

 

今までオリックス・バファローズにはそんな魅力のある選手があまりいなかったので、ファンからの期待はかなり大きいです。

 

とにかく実力はもう間違いないのは分かりきっているので、当面の最大の敵はケガということになるでしょう。

 

今季後半戦は離脱することなく1本でも多くホームランを打って欲しいなと思います。

 

f:id:marukaitemaruo:20170711113127j:plain

 

 

 

 

 

maruo.hatenablog.jp

 

maruo.hatenablog.jp

 

 

オリックス・バファローズからルーキー2人がオールスターゲームにダブル選出!

こんにちは、マルオです。

 

プロ野球オールスターゲームオリックス・バファローズから4人選ばれました。

 

金子千尋投手、T-岡田選手、山岡泰輔投手、黒木優太投手です。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

プロ野球オールスターゲームって?

 

ご存知の方も多いかと思うのですが、簡単に言うとセリーグパリーグそれぞれからファン投票や推薦などで選ばれた選手が試合をします。

 

今年のオールスターゲームではオリックス・バファローズから投票で選ばれた選手はいませんでしたが、監督推薦で4人選ばれました。

 

今回はその中でもパリーグの中で唯一ルーキー(プロ1年目)で選ばれた2人、山岡泰輔投手、黒木優太投手を紹介したいと思います。

 

山岡泰輔投手

f:id:marukaitemaruo:20170704195623j:plain

 

山岡投手は昨年ドラフト1位で社会人チームの東京ガスからオリックス・バファローズに入団しました。背番号13、現在21歳です。

 

高校野球時代には、広島県瀬戸内高校甲子園にも出場しています。甲子園出場を決める試合では、現在読売ジャイアンツ所属の田口麗斗投手との投げ合いを制しています。

 

その後社会人野球に進み、都市対抗野球大会にも出場し活躍しました。3年間経験を積んだ後、プロ野球に入りました。

 

身長は172センチとかなり小柄ですが、150キロ以上のストレートを投げ、また高校時代にTwitter上でダルビッシュ有投手(現メジャーリーガー)に絶賛されたスライダーを武器にプロ1年目から先発投手として活躍を続けています。

 

変化球はタテに鋭く変化するスライダーの他にも、カットボール、たまにカーブやシュート系のボールも投げているようです。

 

また、6月30日の西武ライオンズ戦ではチェンジアップをかなり効果的に使い8回無失点の好投を見せています。

 

7/3現在の成績は、11試合に先発し、防御率2.70(リーグ6位)、3勝6敗。

 

打線の援護がなかなかなく、あまり勝ち星は伸びていません。

 

それでもローテーションを守り、8度のQSを記録するなど安定した投球を続けていたことが評価されたのか、オールスターゲームに選ばれました。

 

今後も安定した投球を続ければ、味方打線の援護さえあれば勝ちは増えていくと思うので頑張って欲しいですね。

 

黒木優太投手

 

f:id:marukaitemaruo:20170704195435j:plain

 

黒木投手は昨年ドラフト2位立正大学からオリックス・バファローズに入団しました。背番号54、現在22歳です。

 

背番号54はかつてロッテに所属した黒木知宏投手にちなんで希望して選んだそうです。

 

高校時代はプロに指名されるほど有名ではなかったようですが、大学に入ってから才能を伸ばし、1年生の頃から活躍し春季リーグ戦でチームを東都大学野球2部リーグ優勝に導きました。

 

プロに入ってからは最速155キロ、常時153~154キロ程度のストレートを武器にプロの打者に真っ向勝負を挑んでおり、開幕からセットアッパーとして活躍しています。

 

最速155キロというのももちろん速いのですが、何せ常時153~154キロ程度(平均球速で150キロ近く)というのはプロの投手でもなかなかいません。

 

速い球を投げれる投手はいても、それを常に投げ続けられる投手は少ないです。

 

よく試合でプロの打者相手にもストレートのみで抑えたりしており、まさに剛速球という感じです。

 

また変化球もスライダーをメインに投げたりしています。

 

7/3現在の成績は、35試合もの試合数に登板し、防御率2.80。

 

23ホールドポイント(リーグ1位)リリーフのみですでに5勝をマークするなど、今やオリックス・バファローズに欠かせない存在です。

 

登板数が多いので夏場以降疲労も心配にはなりますが、なんとか好調を維持してほしいですね。

 

オリックス・バファローズの選手にとってオールスターゲームとは

 

オリックス・バファローズの試合は普段全国放送で映ることはまずないので、選手にとっては知名度を上げるまたとないチャンスとなります。

 

特にルーキーの2人には、せっかく選ばれたからにはオールスターゲームでもインパクトのある活躍を期待したいですね。

 

maruo.hatenablog.jp

オリックス・バファローズってどんな球団?

こんにちは、マルオです。

 

今回は関西のプロ野球チーム、オリックス・バファローズについて書きたいと思います。

 

普段プロ野球をあまり観ない人向けにまとめてみました。

 

オリックス・バファローズとは?

 

プロ野球チームの1つだということは結構知られているとは思うのですが、実際詳しくは知らないという人が大半だと思うので、簡単に説明してみたいと思います。

 

まずプロ野球チームはセリーグパリーグにそれぞれ6球団ずつ分かれていますが、オリックス・バファローズパリーグの球団です。

 

ホーム球場は?

 

ホーム球場は京セラドーム大阪(京セラ、旧大阪ドーム)、ほっともっとフィールド神戸(ほっともと、ほもフィー)と2つあります。

 

なぜ2つも球場があるのかというと、元々が大阪近鉄バファローズオリックスブルーウェーブという2つのプロ野球チームが合併してできた球団だからです。

 

週末の試合だと、金曜日にほっともっとで試合、土日は京セラで試合することが多いようです。

 

ほっともっとは屋外スタジアムなので、夏には花火イベントがあったりします。

 

f:id:marukaitemaruo:20170701003512j:plain

 

sp.buffaloes.co.jp

 

京セラはドーム球場なので、空調設備があるので快適に試合を観ることができます。

 

f:id:marukaitemaruo:20170701003704j:plain

 

ぶっちゃけ強いの?弱いの?

 

ぶっちゃけてしまうと今は強いチームとは言えません。

 

最後に優勝したのが1996年、あのイチロー選手らが所属していた頃ですが、それ以来一度も優勝していません。

 

それどころか21世紀になってから2回しか3位以上になったことがありません。(2008年、2014年)

 

npb.jp

オリックスの選手とか誰も知らない

 

野球を観ない方の場合は、オリックス・バファローズの選手自体知らない方も多いと思います。

 

まぁ全国的に有名な選手がいればもっと強いはずなので、仕方ありません。

 

しかしそんなオリックス・バファローズですが良いところもたくさんあるのです。

 

オリックス・バファローズの良いところって?

ファンサービスの充実

年間の観客動員数、つまり何人お客さんが見に来てくれたかというデータがあるのですが、2014年、2015年、2016年と年々増え続けています。

 

2013年までは1試合辺りの観客数が2万人以下だったのに対し、2014年以降では2万3千人以上の観客数で増え続けています。

 

特に2014年辺りから球団がファンサービスにかなり力を入れ始め、その年に2位と好成績を収めたことにより、急激に観客数が増えました。

 

具体的なファンサービスの変化

 

マスコットキャラクターの変化

2011年からマスコットキャラクターが一新され、バファローブルバファローベルが登場しました。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630233213j:plain

 

(左がバファローブル、右がバファローベル

 

特にバファローベルの人気は凄まじく、個人的にはプロ野球12球団の中でもダントツの可愛さだと思っています。

 

ちなみにそれ以前のマスコットキャラクター

 

f:id:marukaitemaruo:20170630233646j:plain

 

うーん…

 

何も言えないですね。

 

また、2016年よりバファローズポンタというキャラクターも登場しました。

 

Twitterでも有名になっていますね。

 

 

f:id:marukaitemaruo:20170703215110j:plain

 

バファローズポンタは、毎試合終了後にTwitter上でイラストが掲載されています。

 

勝てないと全裸になりますが、理由は不明です。

 

BsGirlsの登場

 

BsGirlsとは、オリックス・バファローズ公式のダンス&ヴォーカルユニットです。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630234207j:plain

 

 

試合の合間のパフォーマンスやイベントなどを行っています。

 

今までの所謂チアリーダーと違うところは、何と言ってもBsGirlsという単体の組織として存在しているところでしょう。

 

CDをリリースしたり、単独でライブをしたりと、メンバーの一人一人が単なる応援団ではなくプロとして活動しています。

 

ameblo.jp
オリ姫の増加

 

2013年後半頃から増えてきたと言われている「オリ姫」、つまり女性ファンの増加が顕著になっています。

 

球団もシーズン中のイベント「オリ姫デー」やオフシーズンにイケメン選手のイベントを開催するなど、女性ファンを意識したファンサービスをかなり重視しています。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630235927j:plain

 

チケットがとりやすい

めったに満員になることはないので、チケットが簡単に取れます。

 

なので、思いつきで試合を見に行ったりすることも可能です。

 

ただし、イベントの試合や開幕戦、クライマックスシリーズの試合などは取りにくいです。

 

応援歌がカッコいい、オシャレ

オリックス・バファローズ応援歌は他の球団のものと比べても凝った曲が多いです。

 

その分、歌詞を覚えたりするのが難しくもあります。

 

 

また球団応援歌のSKYは現代風の曲調でカッコいいです。他球団の球団応援歌は渋い感じの曲が多いですね。

 

 

やっぱり応援歌が良いと応援していてもテンションが上がりますね。

 

それで試合でも勝ってくれれば言うことないです。

 

また、応援歌以外でも球場での試合演出なども試合も盛り上げてくれます。

 

おまけ

 

昨年のオリックス・バファローズハイライト動画です 。

 

 

 

オリックス・バファローズのことを1人でも多くの方に知ってもらえたら嬉しいですね。

薬剤師国家試験対策で僕が行っていた勉強法その2

続きです。

 

こんにちは。マルオです。

 

早速前回の「薬剤師国家試験対策で僕が行っていた勉強法その1」の続きを書いていきたいと思います。

 

maruo.hatenablog.jp

「自分でまとめる」はピンポイントで

 

所謂「自分でまとめる」作業は、国試の勉強では基本的にはしていませんでした。

 

僕も定期試験のときにはよく教科書の内容などをルーズリーフなんかにまとめて勉強していました。

 

たしかに「自分でまとめる」と、教科書にゴチャゴチャ書いてある内容もわかりやすくコンパクトに整理できることで頭に入れやすくなるメリットがあります。

 

ですが国試の試験範囲は膨大な量なので、それをまとめるとなると時間も手間もかかりすぎてしまいます。

 

なので「自分でまとめる」のは、わかりにくいところだけピンポイントで行いました。

 

そうすると、試験の直前に確認するのにちょうど役立ちました。

 

 

f:id:marukaitemaruo:20170630194227p:plain

 

参考書は一つに絞って繰り返しやる

 

模試などを受けたりしていると、必ず起こるのが「こんな問題、参考書に載ってない!」ということです。

 

当然の話ですが、参考書に載っている内容の中から必ず試験問題が出るわけではありません。

 

なので、一つの参考書だけでは勉強範囲が足りないと思う方もおられるかもしれません。

 

しかし、落ち着いて考えてください。

 

薬剤師国家試験は何も満点を取る必要はなく、とにかく全体の65%(345問中225点)以上取ることができればそれで合格です。

(近年、合格基準は平均点と標準偏差による相対基準になる動きになっています。何にせよとりあえず225点取れていれば合格は確定です。)

 

言ってしまえば、345問の中で120問までは捨てることができるのです。

 

また、以前は必須問題などの足切りがかなりネックになっていましたが、近年の国試では足切りはほぼ無いも同然と言って良いでしょう。

 

つまり、皆が解ける問題を自分も確実に正答していけば、合格できるようになっているのです。

 

なので、自分だけあえて難しい問題のためだけに時間や労力を費やす必要性は皆無と言って良いでしょう。

 

むしろ、合格者が解ける問題を自分も確実に正答することのほうが重要です。

 

例えば青本で勉強する場合、青本の内容で解ける問題が仮に300/345問あったとすれば、青本の内容を8割マスターしていれば240/300点取れるので余裕で合格できます。

 

同じテストを仮に青本の内容が7割しかできていないのに他の参考書をかじった人が受け、他の参考書の内容が10点分で出たとします。

 

それだと、青本の内容で解ける問題が210/300点、それ以外の内容の問題で10/45点足しても220/345点で落ちてしまうことになりますよね。

 

他の参考書に手を出すとなるとまた1から取り組む必要がありますし、最初勉強した参考書と被る内容もあるでしょうし、効率はあまり良いとは言えないと思います。

 

解けない問題があると不安にはなりますが、はっきり言って合格するだけなら一つの参考書を繰り返しするだけで十分です。(実際ぼくがそうでした。)

 

他の参考書に手を出すのは、最初の参考書をマスターしてもう勉強することがない、合格点よりさらに上を狙う人だけにしましょう。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630194231j:plain

 

 

本番の問題内容について

 

本番前の問題内容流出

 

国試が近づくにつれて、本番の問題内容の流出情報がSNSなどで回ってくることになると思います。

 

例えば、今回問題を作る先生の専門分野がここだからその問題が出るとか、その先生が授業でここの内容で本番の問題を作ったと思わず漏らしてしまっただとか、違う医療系の国試で出たこの問題が薬剤師の国試でも出るだとか、予備校の先生が直前模試の内容を国試を作った人に見せたらよく当たってるねと言われただとか…

 

いろいろ噂は出てくると思いますが、結論から言うと本番の問題内容流出はまずありえません。

 

実際に僕が国試を受けたときにもかなり情報がSNSで回ってきましたが、いざ本番を受けてみると全く関係ありませんでした。

 

むしろ、あれだけいろいろ回ってきた情報は何だったんだ…という感じでした。

 

なので、本番前の噂には惑わされずしっかり自分の勉強に集中したほうが良いと思います。

 

ただ、どうしても噂が気になってしまう人はそこを勉強しておけば後々気にせずに済むので良いかもしれません。

 

何にせよ過剰に情報を信用するのは禁物ですし、自分の勉強スケジュールを曲げてまでケアする必要はないと思います。

 

  予備校のヤマ

 

毎年にように予備校講師ここが今年のヤマだ!と言っていると思いますが、正直結論から言うと下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるレベルのものと思って良いでしょう。

 

もちろん適当に予想してるわけではないのはわかっていますが、所詮ヤマはヤマでしかありません。

 

ただ、薬ゼミ大阪の薬理学のO先生の話だけは聞いておいたほうが良いです。あの先生だけは相当な情報を集めているので当たります。

 

それ以外の先生のヤマはとくに当たってた記憶はないですね。

 

基本的にはヤマをわざわざ勉強するくらいなら、自分の苦手な範囲でも勉強しておくほうが良いと思います。

 

最後に…最大の敵はモチベーション

 

僕が国試勉強を経験して体感したのは、モチベーションを保つ難しさでした。

 

本番までまだ時間があるうちは良かったのですが、本番が近づくにつれて模試の点数がなかなか上がらなかったため、もうこれ以上勉強したところでどうせ無理なんじゃないかと思うようになり、なかなか勉強に向かうことができませんでした。

 

なので、モチベーションを保つためにも早いうちから勉強の型をつくり、ある程度合格を見込める点数を模試でとれるようにしておくことは重要なのではないかと思います。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630194235j:plain

薬剤師国家試験対策で僕が行っていた勉強法その1

薬剤師国家試験の勉強

 

こんにちは。マルオです。

 

来年の薬剤師国家試験を受験される方は、今まさに勉強されている真っ最中だと思いますが、調子はどうでしょうか。

 

僕が薬剤師国家試験を受けたのは数年前になりますが、当時のこの時期となるとそろそろ本気で勉強しないとヤバいなくらいに思っていたような気がします。

 

もしかすると、模試の点数がなかなか上がらなかったり、どう勉強すれば良いのかわからないという方もいるかもしれません。

 

というか、当時の僕がそうでした(笑)

 

実際自分の勉強方法の型が出来上がっていないと、勉強した分を点数に繋げるのはなかなか難しいのではないかと思います。

 

なので、当時僕がやっていた勉強方法などを書いてみようと思います。

 

ただし、この勉強方法が正しいのかどうかはわからないので、こんな感じで勉強してた人もいるんだなくらいでご覧いただければと思います。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630194240j:plain

 

まずは自分の勉強方法の型をつくる

 

僕の大学では、薬剤師国家試験対策の教材として薬学ゼミナールの青本という解説と問題が交互になっているテキストと、過去問集である回数別既出問題集領域別既出問題集を使用していました。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630194244j:plain

f:id:marukaitemaruo:20170630194746j:plain

f:id:marukaitemaruo:20170630194248j:plain

 

 

そして僕の場合、まず回数別既出問題集で過去3~4年分程度の過去問を解き、その後領域別既出問題集だけをひたすら解いていました。

 

しかし、結論から言うとそれは失敗でした。

 

模試の点数はまったく伸びず、正直最初の頃とほとんど変わっていなかったと思います。

 

なぜなら、基礎知識がない状態でいくら過去問集を解いて解説を見ても理解力が足りず、身につかなかったからだと思います。

 

とにかく問題に慣れることが良いと思ってやっていたのですが、科目ごとの全体像もわからない状態でいくら問題を解いても、頭に整理してインプットすることは難しかったのでしょう。

 

さすがにこのままではヤバいと思い、夏~秋頃から勉強法を変えることにしました。

 

まず領域別既出問題集は完全に捨て、青本に特化して勉強することにしました。

 

青本は単元ごとに、教科書的な解説一問一答形式の確認問題過去問なども入った練習問題の大きく3つに分かれており、それを利用しました。

 

まず一問一答形式の確認問題を解いて、どの辺の内容が問題になっているのか確認します。確認問題の解説で重要そうなところには、マーカーをします。

 

次に教科書的な解説に、確認問題で出題されていた部分を中心にマーカーや書き込みをしていき、知識をインプットします。このとき、確認問題で触れられていなかった部分や、重要そうでないところはあまり目を通していませんでした。

 

知識をインプットしたら再度確認問題を解き、知識の漏れがないかどうか確認します。これにより、最初に確認問題を見たときに比べてどれだけわかるようになったかが判断できます。

 

最後に過去問なども入った練習問題を解き、アウトプットします。足りていない知識があれば、教科書的な解説に戻ってチェックしておきます。

 

これを1つの単元ごとの1クールとし、これを繰り返して進めていきました。

 

また、大学の講義で予備校の先生の授業があり、その中で教科書的な解説の部分を先生が解説してくれるときもありました。その場合は授業中にマーカーや書き込みをしたことだけをインプットした状態で確認問題練習問題を解いていました。

 

ただ、全範囲を予備校の先生の講義で賄われてはいなかったので、講義がなかった範囲は先ほどの自分のやり方で勉強していました。

 

ひたすらインプットとアウトプットを繰り返す方法に切り替えたことで、試験問題を解く力がだんだんと身についていきました。

 

おそらく、問題だけや教科書的な解説だけで勉強してしまうと、いざ試験問題を解くときに使える知識は身につきにくいのではないかと思います。

 

僕の友達は、僕とは逆に最初教科書的な解説だけをひたすら読んでいたらしいのですが、なかなか模試の点数は伸びていませんでした。

 

しかしその友達も問題を解くようにしてから、点数が伸びるようになりました。

 

よって、教科書的な解説問題とを繰り返すのが良いと思いました。

 

僕の場合教科書的な解説は、範囲が膨大すぎるせいで端から端まで読んでいる時間はなかったので、必要そうなところに絞って勉強していました。

 

情報は一つにまとめる

 

予備校の先生の講義の時はもちろん、大学の講義のときも基本的にはノートを作らず、講義内容は全て青本教科書的な解説にマーカーや書き込みをしていました。

 

模試を受けた後のやり直しの際にも、模試の解説の内容を教科書的な解説にマーカーや書き込みをしました。

 

とにかくただでさえ膨大な試験範囲なので、勉強する情報が分散しているとどこに何が書いてあるのか探すだけでも面倒になってしまいます。

 

よって、情報を一つにまとめておくことは勉強を進めていく上でかなり重要だったと思います。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630194224j:plain

 

 

 その2に続きます

 

書いていると意外と長くなってきたので、続きはその2で書きたいと思います。

 

 

20代でやるべきこと

自己紹介

 

はじめまして。マルオと申します。

 

よく飲み会とかで「じゃあ、とりあえず自己紹介して」みたいな流れってあるけど、正直何喋ったらいいかわからなくないですか?

 

だいたいは出身地とか、無難なことしか言うことないですよね。

 

趣味は何ですか?って言われても、なかなか難しいですよね。

 

人に言えるような趣味って、あんまりパッと思いつかないです。

 

なのでとりあえずそのへんの話は追い追いできればそれでいいかなと、今日のところはそれでいいかなと。

 

 

ダメですよね(笑)

 

きっかけ

とりあえずブログを始めたきっかけでも。

 

僕の年齢が今20代後半なのですが、最近よく思うことがありまして。

 

学生の時オタク趣味にかなりドップリとハマっていて、毎日ゲームしたりアニメ見れたらそれで人生楽しい、充実していると思えていました。

 

ところが社会人になってから、オタク趣味がなんとなく昔ほど楽しいと思えなくなってきたのです。

 

正直今となっては、なんであんなのが楽しかったんだろうって思うこともあります。

 

それが年齢的な理由なのか、何なのかわかりません。

 

オタク卒業できたなら良かったじゃん

 

たしかにそうかもしれませんが、それはそれで問題があるのです。

 

そう、それは何を楽しみにして生きていけば良いのかということです。

 

ふと、思いました。

 

世の中の20代って何をして生きてるんだろう

 

とりあえず思ったらネット検索してみるのが僕の性格です。

 

そしたらこんな記事を目にしました。

 

本を読む、仕事の先輩と飲みに行く、社会的なネットワークを広げる、英語を勉強する、など…

 

なるほど。

 

オイオイ、意識高い系かよ

 

読書くらいはたまにしますが、基本ミステリー小説しか読みません

 

基本意識低い系の僕には、積極的に外に出て何かをするなんてやる前から無理なのはわかりきっています。

 

正直、飲み会もあまり得意ではありません。

 

英語の勉強も苦手ですし、やろうとも思えません。

 

ですがひとつだけ、僕でもできそうなことが書いてありました。

 

それが、ブログを書くことだったのです。

 

 

www.ikedanoriyuki.jp

 

何かを新しく始めるということ

 

なんとなくネットに書いてあたからという理由でブログを始めようと思った僕でしたが、何せ今までブログなんて書いたことはありません。

 

実際何を書いたら良いかとか、わかりません。

 

でも、それでいいんです。

 

何かを新しく始めること、その新鮮さを求めていたのです。

 

何かをやろうと思える、ただそれだけで十分です。

 

日々何かしらの目標、目的があれば、それは生きる活力になる。

 

そういうものです。

 

アニメオタクなら、仕事がしんどいときでも、帰ったらあのアニメを見るんだ、そう思うだけで頑張れるものです。

 

そういう存在を探していたのです。

 

最後に

最後にはなりましたが、とりあえず簡単に自己紹介くらいはしておきたいと思います。(←最初のは何だったんだ)

 

今でもアニメ見たりとかゲームもちょくちょくはしています。

 

アニメはいわゆる萌えアニメや日常系などの話の中身がないものは苦手で、ミステリー系、バトル系、ファンタジー系とかが好きです。

例を挙げると名探偵コナンガールズ&パンツァーなんか好きです。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630192952p:plain

 

f:id:marukaitemaruo:20170630193141p:plain

 

ゲームは主にオンラインゲームのWorld of Tanksというゲームをしたりしています。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630193232p:plain

 

最近YouTubeポケットモンスターの対戦動画を見ることにもハマっています。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630193326p:plain

 

 

あれ、オタク卒業してなくね?(笑)

 

趣味と言えばプロ野球観戦が好きで、オリックスバファローズのファンです。ファンクラブにも入っています。

 

f:id:marukaitemaruo:20170630193534p:plain

 

僕自身出身も関西なので、地元の球団ですね。

 

それと趣味と言えるかはわかりませんが、amazonでよく買い物してます。

 

職業は薬剤師で、薬局で働いています。彼女いてます。

 

次回からはいろいろ中身のあることを書いていきたいとは思っているので、どうぞよろしくお願いします。

 

マルオでした。